「お客さんの帰り際の笑顔が嬉しい」服部優希さん(ボルタリングジム インストラクター)


「今日どっか遊びに行かない?」「どこに?」「……」

なんて、関の高校生なら一度は体験したことがあるであろうこの会話。一度はぶち当たるであろう壁。だがしかーし。僕たちはそんな壁を乗り越えて、楽しい休日を謳歌しないといけないのです。

というわけで壁を乗り越えに行きましょう。

今回取材に行ったのは屋内ボルタリング施設「NATURA」。アクティジャパンという団体の経営する施設であり、現在ここでは7名のスタッフが働いています。今回お話を聞いたのはその中の一人である服部さん。
ph_iv_hattori
アクティジャパンは、幼児体育を基本として行ってきた団体だが、新たな事業の試みとして、はじまったのがボルダリング。服部さんも上司に誘われてボルダリングをはじめたそうだ。やりがいは、はじめ緊張した面持ちで入ってきたお客さんが帰り際に楽しそうな笑顔を見せてくれることだとか。

ボルタリングといえば現在東京五輪で正式種目になるかも、と話題になっていますね。ボルタリングの最大の魅力は老若男女、初心者から上級者まで誰もが楽しめるということ。「NATURA」は特に若い世代にこの面白さを知ってもらいたいという思いから作られており、暖かく緩いアットホームな空間が広がっています。

関市に初めて作られたこの施設。きっと、作るのには大きなリスクが伴ったことでしょう。しかし、現状維持に甘えがちな仕事であえてリスクを恐れず挑戦することで必ず得るものはあるのだそうです。

高校生の感想

取材者:加藤悠史

ph_iv_climbing

『挑戦してみないと何も変わらない』

高校生の僕たちにとっては、感じるところのある言葉ですね。

ボルタリング。幼少期から保育園の遊具、樹、上り棒、と様々なものに登ってきた僕としては、とても興味のある競技。びっくりしたのは、岐阜県には、特にボルダリングジムが密集していること。今回関で働く人に話を聞くという経験はとても貴重でした。

「高校や大学に行ってもやりたいことなんて見つからない。常にアンテナを張ること」

服部さんに話を聞いた中で、こんな言葉が。現状維持に甘えるな。ですね。自分の好きなことを仕事にした人の、自分の好きなことを仕事にする秘訣です。

ph_iv_fuke

Climbing gym NATURA
【営業時間】13時~22時 ※最終入館受付:21時
【定休日】第一火曜
【住所】岐阜県関市栄町5丁目1-99
【TEL】0575-46-7282

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です